4人の子供を東大理IIIに合格させた佐藤ママの本、Amazonで酷評される 「受験がゴールのような子育て」

1: 風吹けば名無し 2018/10/02(火) 16:22:49.01 ID:QsRZAeqH0
3男1女 東大理III合格百発百中 絶対やるべき勉強法 佐藤 亮子
https://www.amazon.co.jp/dp/434403189X

5つ星のうち1.0受験がゴールのような子育て

就学前の子どもがいるので参考になることがあるかなと思い読んでみましたが、この本の著者は子を産んだときから「受験を極めよう!」という生活で、
日々の子どもを見る目線が受験受験になり、子育ての壮大な理念は感じられませんでした。
そして、タイトルや目次を読むに母親の腕一本で合格させた本なのかと思いきやお子さんたちを合格に導いたのは
塾と私立進学校の功績が大きかったということに驚きました。小学校から高校卒業までずっと塾通いだそうです。
(現在のご職業は子どもが通った塾のいわば宣伝部長です。)

独自の必殺技であるらしい、ご飯中に暗記物が書かれたノートをめくり覚えさせるとか、壁に間違えた問題を斜めに貼るとか読みましたが、、、
著者の親子関係はいわば、いつまでもオムツを外さない母親とそれをなんとも思わない素直な子どもといった感じ。
しかも、医学に興味があって入ったというよりは「受験をとことん極めよう。」(佐藤ママ本人の言葉)という考えで志望校を選んだ(選ばせた)というところに
母親のエゴが垣間見えました。

(続く)

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538464969/


続きを読む

【悲報】本庶博士 「NatureやScienceに書かれてることは9割ウソ」簡単に信じるな!


1 :名無しさん@涙目です。

「ネイチャー誌、サイエンス誌の9割は嘘」 ノーベル賞の本庶佑氏は説く、常識を疑う大切さを

ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京大名誉教授が10月1日夜、記者会見で受賞の 喜びを語った。本庶氏は自らの研究に対する姿勢を問われると、好奇心と「簡単に信じないこと」の 重要性を強調。「(科学誌の)ネイチャーやサイエンスに出ているものの9割は嘘で、 10年経ったら残って1割」と語り、自分の目で確かめることの大切さを説いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00010009-bfj-sctch

18/10/02 08:08 ID:XV2Rbqzk0●

続きを読む

Scroll to top