【おいタバコ】「温泉にも行けず貯金する事もできない」 生保の男性悲鳴 ※無断欠勤でバイトをクビ

1: 名無しさん@涙目です。(タイ) [EU] 2018/05/08(火) 11:16:52.21 ID:G1+YPRW50● BE:565421181-PLT(13000)
生活保護、やまぬ減額に受給者悲鳴 1日2食、貯蓄は月千円

「お金に余裕があれば大きい浴場で思いっきり風呂につかりたい」。
生活保護を受けている福井県福井市の独身男性(69)は「風呂も食べたいもんも我慢する毎日」を送る。

「明日から来なくていいから」。
6年前、男性はアルバイトとして働いていたホームセンターから突然告げられた。
高齢に加え、体調も崩しがちなため再就職もままならず、福井市に相談し生活保護を申請。
軽乗用車を手放し、家賃5万5千円から2万円余り安いアパートに移った。

貯蓄は簡単ではないという。
月千円ずつためるのがやっとだ。
仮に支給額が数千円でも引き下げられれば、生活は深刻なダメージを受ける。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010000-fukui-l18&p=1

悲鳴を挙げる困っているオジサン

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1525745812/


続きを読む

Scroll to top